A&A | MAYA結婚の日 公式サイト

A&A

家族としての一歩を踏み出す日。

お互いへの信頼関係がとても厚く、しっかりとした印象をもったご夫婦。 そんなお二人は、将来の家族像が似ていることもあり、一つの迷いもなく、家族になることを決めたそうです。 そして、大事な人が集まる結婚式は、自宅で寛ぐような時間を迎えたいという共通の願いから、「結婚式」ではなく「結婚の日」を選んでくださいました。 「たいせつな人と過ごせる愛おしさをしっかりと胸に刻み、皆様に見守られながら新しい家族としての一歩を踏み出す日になりますように。」と願い、過ごした2泊3日の結婚の日。

ハレの日。 ご家族揃って「おはよう。」と挨拶をしながら、 ダイニングで朝ごはんを召し上がります。 特に印象的だったのは、新郎さんがご家族のために率先して声がけをしておみそ汁を用意する姿。ご家族への思いやりが感じられ、温かいひとときが流れていました。 よく晴れて暖かくたくさんのゲストが訪れました。 準備の時間からブライズメイドたちが新婦さんを温かくサポートし、挙式前にはガーデンでウェルカムドリンクでお迎え、ご用意された結婚証明書も素敵なものでした。大きなボードにはメッセージとお二人の署名を添え、ゲストの皆様に祝福されて完成となりました。 家族としての新たなスタートが始まり、この瞬間は感謝と喜びに包まれ、お二人の未来への期待が込められていました。 披露宴では、ご家族に中座や再入場をお手伝いしていただくシーンや、初めての共同作業として、ケーキ入刀をしたり、賑やかな雰囲気と共にたくさんの笑顔が流れる時間となりました。 お二人が作り出すあたたかい雰囲気は、 ご親族やご友人、お仕事の同僚の皆様も お二人のお家で過ごすかのようにリラックスして過ごされていました。 宿泊は、1泊目を親族と準備を進めながら暖かな時間を共に過ごされ、2泊目はたいせつなご友人たちと賑やかだったハレの日をそのまま続けるように過ごされ、MAYAでの宿泊も楽しんでいらっしゃいました。 お互いのご家族やお互いのご友人、たいせつな方々を思った3日間はご両家が家族として踏み出すたいせつな日となりました。

The Day They Embarked on a Journey as a Family

This couple shares a profound bond of trust, leaving an impression of strength and solidity. They, finding their visions of a future family aligned, chose unwaveringly to unite as one. Opting for “WEDDING DAY” instead of a conventional wedding ceremony, they wished for their celebration, surrounded by dear ones, to mirror the comfort of home. “We hope to engrave the preciousness of time spent with loved ones in our hearts, making this a day where we step forward as a new family under everyone’s watchful eye,” they expressed, cherishing the two nights and three days of their WEDDING DAY. A Day of Celebration The family starts the day with warm greetings of “Good morning,” enjoying breakfast together in the dining area. Notably touching was the groom preparing miso soup for the family, a testament to his thoughtful nature, weaving a tapestry of warmth. The day, sunny and warm, saw the arrival of numerous guests. The bridesmaids provided heartfelt support to the bride from early on, and guests were welcomed with drinks in the garden before the ceremony. The marriage certificate, thoughtfully prepared, alongside a large board featuring messages and the couple’s signatures, received the guests’ blessings, symbolizing its completion. The commencement of their new life as a family was enveloped in feelings of gratitude and joy, imbued with hopes for their shared future. During the reception, family members assisted with various rituals, including the couple’s joint cake-cutting—a first shared task that, along with the lively atmosphere, brought forth many smiles. The congenial warmth fostered by the couple made everyone—family, friends, and colleagues alike—feel at ease, as if they were guests in the couple’s home. The first night was spent in the company of family, sharing tender moments in preparation, and the second night extended the celebration with cherished friends, maintaining the joyous mood. Their stay at MAYA was thoroughly enjoyed. These three days, filled with consideration for each family and friend, solidified as a significant step forward for the families uniting as one.

Season

2022年 秋

Other Story

H&H